こんな行動はNG!フランス旅行で気をつけたい行動

観光地であっても、人が暮らしていることを忘れずに!

海外に旅行に出かけると、普段の自分の文化や価値観から離れて不安になると同時に、自由な気持ちが味わえますよね。ですが、そんなときこそ要注意!その行動、現地の人を不快にさせているかもしれません。余計なトラブルを招かないためにも、フランス旅行で注意すべき行動をまとめてみました。最初に肝に銘じておいてほしいことは、観光地であっても、そこで暮らしている人々もいる、ということです。観光客が群がっている姿を横目に、通勤や通学している人もいることを忘れないようにしましょう。

写真を撮るときには周囲に注意!

フランスの街中には絵になる姿の人がたくさん見かけます。地下鉄でアコーディオンを弾いている人や、街中のメリーゴーランドの前で抱き合うカップルなど。日本ではなかなかお目にかかれない、映画のワンシーンのような場面にも出くわします。ですが、気に入ったからといって、安易に写真を撮るのは絶対にNG!個人情報に厳しいのはフランスでも同じです。写真を撮ることでトラブルになったり、お金を要求されたり、最悪は裁判沙汰にもなりかねません。旅行先だからこそ、慎重に行動することが大切です。

宗教施設ではお静かに!

フランス各地に存在する大聖堂や街中の教会。日本ではまずお目にかかれない石造大建築物に、興奮を隠しきれない気持ちはわかります。ですが、ここでも注意が必要です。教会は今も、街の人にとって祈りの場です。そんなところで騒がれたら、信徒の方の気持ちはいかがなものでしょう?自分たちはあくまで観光客。人の生活の中に足を踏み入れていることをわきまえて、節度を保って行動しましょう。いかがでしたか?旅先でトラブルにならないためにも、相手の文化を尊重する気持ちは常に持っていたいものですね。

パリのオプショナルツアーは、世界遺産を巡るツアーがたくさんあります。ツアーで回る方が観光に便利です。