普段のプレイを快適に!楽器にも「定期診断」のススメ

放置は上達の敵!楽器はいつも労ろう

例えば自動車に快適に乗るには定期的な「お手入れ」が必要、と言うよりも義務として車検を受けることになっていますね。一方趣味のものである「楽器」ではリペアは決して義務ではありません。楽器の手入れを怠ったとしても誰かが命を落とすなんて事態には決してなりません。ですが「演奏上の事故」という、非常にイヤーな経験につながる可能性がアップします。また調子のわるい楽器を長くつかうことで自身のレベルアップをみずからストップされることも。楽器ごとのリペアにはどんな種類があるのでしょうか?

ピアノのお医者さん「調律師」

まず真っ先に思い浮かぶ身近な例としては「ピアノの調律」があります。調律というコトバだけみると「チューニングする」、すなわち音程を整えるだけだろうと思いがちですが、多くの調律師さんは修理の心得もあり簡単な故障くらいなら応急措置ができるように訓練されています。ピアノはハンマーアクションで張られた弦を叩く仕組みで、毎日の使用で弦がゆるみ音程がズレてくるのを直すのが調律師さんの役目です。音程のおかしいピアノを使用し続けるのは音感教育からも有意義とは言えませんね。鍵盤の押し心地や「音の表情」(よりふくよかに、といったふうな)まで調整できる「コンサートチューナー」と特に呼ばれる調律師さんもいます。

ギターも時には診てほしい!

次いで身近な楽器としてギターのリペアを考えてみましょう。こちらもピアノと同じく弦が張ってありますが、ふだんはプレイヤー自身が毎度演奏のたびにチューニングしてから使用します。その弦から常に張力を受けているネック部分がギターでは弱点となり、定期的な「ソリ直し」が必要になってきます。でないと正しくフレットワークを行っても出てくる音がつねに音痴、とサウンドが不快なものになるのですね。ピアノに比べあまり「定期診断」が浸透していないギターですが、もし愛用のギターがあるなら一度専門のリペアショップに持ち込んでみては?

サックスとは、正式名をサクソフォーンと言い、金属製の木管楽器の一種です。金管楽器と木管楽器の良さを併せ持ち、運動性能が高く、豊かなダイナミックレンジを持ちます。